私たちについて

バレンズ・サイコロジー・プラクティス. オンラインカウンセラ

バレンズ・サイコロジー・プラクティス (Barends Psychology Practice).

リュブリャナ(スロベニア)に位置するBarends Psychology Practice(バレンズ・サイコロジー・プラクティス)は、カイロ(エジプト)、スチュアート(フロリダ)、マドリード(スペイン)、リエカ(クロアチア)、ジャカルタ(インドネシア)を拠点とする、認可された心理カウンセラーの国際チームの集まりです。私たちは対面式とオンラインの両方でカウンセリングを行っています。私たちの穏やかで親しみのあるオフィスは、精神的な健康と心の問題を探るために、安心で且つ自信を感じられる理想的な環境です。

Barends Psychology Practiceは2014年1月に心理カウンセラーのNiels Barends(ニールス・バレンズ)によって、オランダのアムステルダムで設立されました。そして2015年10月にスロベニアのリュブリャナへ移転しました。2016年後半に心理カウンセラーMaja(マヤ)がチームに加わり、2017年初頭からBarends Psychology PracticeはYoussef Ehab、Roberta Fenili、Marylise Zwarts、Youstina Demetra, Tijana Debelićといった、世界中の様々なオンラインカウンセラーと協力提携めました。現在、Barends Psychology Practiceでは下記の10ヶ国語でのサービスを提供しています。
英語(Niels)、オランダ語(Niels)、スロベニア語(Maja)、ポルトガル語とスペイン語(Roberta)、アラビア語(Youssef)、スウェーデン語(Youstina, イタリア語とクロアチア語(Tijana)、フランス語(Marylise)

マドリード、カイロ、リュブリャナ、スチュアート(フロリダ)、ジャカルタのオフィス所在地についてはこちらをクリックして下さい。

Barends Psychology Practiceの初回無料のご相談予約は、こちらをクリックして下さい。

雑誌・メディア掲載

経歴

オンラインカウンセラー Niels Barends(ニールス・バレンズ)

Niels Barends (ニールス・バレンズ)

Niels Barends (ニールス・バレンズ)

ニールスは、アムステルダム大学で臨床発達心理学修士号を取得したオンラインカウンセラー及び心理学者です。彼は認知行動療法、スキーマ療法、アクセプタンス&コミットメント・セラピー、競争的記憶訓練、WRITEjunior(4~18歳のPTSD治療)を専門としています。認定訓練機関(EMDR opleidingen, Cure Care Development, Van Genderen opleidingen)及び、Uva Mindsでこれらの専門課程を修了しました。オンラインカウンセラーとして働く前は、オランダのアムステルダムにある二つのメンタルヘルスクリニックで働いていました。2005年夏~2014年夏まで、長期にわたる精神医学的及び/又は中毒の問題を抱える人々に対するケース・マネジャー及びカウンセラーとして、Mentrum, Arkin(旧称:AMC, de Meren)に勤務していました。
また、スロベニアへ移住する以前、JellinekMinnesota, Arkinにて約1年間カウンセラーとして勤務していました。JellinekMinnesotaでは、主にPTSD、トラウマ、パーソナリティ障害、低い自尊心や完璧主義といった様々な感情的な問題を伴う中毒を扱ってきました。グループセッションは、アクセプタンス&コミットメント・セラピーと12 steps of Minnesotaに基づいて行われていました。ニールスはオランダ語と英語の両方でカウンセリングを行っています

オンラインカウンセラー Maja Gaspari(マヤ・ガスパリ)

オンラインカウンセラー Maja Gaspari(マヤ・ガスパリ)i

オンラインカウンセラー Maja Gaspari(マヤ・ガスパリ)

マヤはスロベニアのリュブリャナ大学で心理学修士号を取得した心理カウンセラーです。彼女は認知行動療法(Cognitive behabioural therapy:CBT)を専門としています。CBTヨーロッパが認める認知行動療法のクロアチア協会で、この専門課程を修了しました。個人セラピー、カップルセラピー、グループセラピーの経験があり、さらにオンラインEMDRセラピーも行っています。
Barends Psychology Practiceでオンラインカウンセラーとして働く前は、3つのメンタルヘルスクリニックで働き、ボランティアとして子供と青少年を対象とした仕事をしていました。2014年~2015年は大学医療センターリュブリャナの、てんかんや精神障害を持つ子供たちのいる小児科クリニックでインターンとして働いていました。2015年~2016年にはスロベニアのVrhnikaにあるVrhnikaヘルスケアセンターでカウンセラーとして働いていました。ここではストレスと不安障害の治療に力を注いでいました。2016年、デジタル中毒の手助けと治療の中心であるLogoutのカウンセラーとしても働いていました。現在はBarends Psychology Practice以外に、教育学部の助手として働いており、開発心理学に関する大学1年生向けのワークショップやセミナーを行っています。彼女はベルギーのアントワープに数ヶ月間住んでいたこともあります。
マヤは、Barends Psychology Practiceではオンラインカウンセラーと対面式カウンセラーとして働いています。不安障害、PTSD、恐怖症、うつ病、ストレス、中毒、自尊心、コミュニケーションスキル、摂食障害、人間関係カウンセリングなどの(オンライン)心理療法を行っています。マヤはスロベニア語と英語の両方でカウンセリングを行っています

オンラインカウンセラー Ehab Youssef(エハブ・ヨセフ)

オンラインカウンセラー Ehab Youssef(エハブ・ヨセフ)

オンラインカウンセラー Ehab Youssef(エハブ・ヨセフ)

エハブは個人やカップルに心理療法を行っており、心理療法は単に特定の行動を変える(すなわち、ただ症状を取り除く)だけでなく、理解、自己受容、最終的にはより良い人間関係の幸福と人生の成功につながる、自己発見の強力なプロセスとしての心理療法だと考えています。彼は英国のダービー大学にて優等学位で心理学理学士(=BSc)を取得し、英国のグリンドュー大学でカウンセリング、心理療法、精神分析のディプロマを取得し、オランダのフローニンゲン大学で心理学修士号(=MSc)を取得しました。2013年英国のダービー病院と2015年オランダのフローニンゲン大学メディカルセンターで臨床トレーニングを終えました。彼は、クライエントやカップルが心配していることが何であれ、取り組むことが非常に重要だと考えています。心理療法を行う際、カウンセラーとクライエントが強い同盟を結び取り組むことがとても大事です。不安障害、ストレス、うつ病、ジェンダー問題や人間関係問題などの幅広い感情的、行動的、適応問題を伴う成人及び青年の相談者に、認知行動療法(CBT)及び精神力学をエビデンスに基づく他の心理療法と併せて行っています。
エハブはアラビア語でカウンセリングを行っています.

オンラインカウンセラー Marylise Zwarts(マリリース・ズバルツ)

オンラインカウンセラー Marylise Zwarts(マリリース・ズバルツ)オンラインカウンセラー Marylise Zwarts(マリリース・ズバルツ)
マリリースは2002年にパリ第8大学で臨床心理学修士号を取得した(オンライン)カウンセラーです。彼女は臨床心理士、メンタルヘルスカウンセラー、並びに十分に訓練を行ったEMDRセラピストとして、フランスとアメリカで15年働いてきました。彼女はオンラインと対面式の両方で、個人、カップル、EMDR療法を行っています。
彼女は、フランスとアメリカで、メンタルヘルス機関(フランスのVille-Evrard病院とSaint-Anne病院)、非営利団体(フランスのsos Suicideとフロリダ州のHouse of Hope)、薬物乱用治療センター(フロリダ州のBHOPB、パリのAmitie)、個人オフィスを含む機関で、様々な環境に置かれた成人を対象に働いてきました。
パリ第五デカルト大学で犯罪学と被害者学を学び、2008年にEMDRトレーニングを修了しました。また、2015年に「複雑なトラウマと解離性症状を伴うEMDRの使用」(EMDRIA米国研究所)の専門修了書を取得しました。
マリリースはうつ病、悲しみや喪失、中毒、感情と不安障害、人格障害、恐怖症、OCD(強迫性障害)、PTSDなどで悩みを抱えている個人やカップルに(オンラインで)カウンセリングを行っています。
彼女自身も米国で“外国人“として10年間暮らしているため、相談者が新しい文化に適応しながら経験する悲しみや困難を克服するための手助けをするのにとても精通しています。
相談者を迅速な心理療法プロセスに導くために、人間中心アプローチ(Carl Rogers)、認知行動アプローチ(CBT)、ソリューション・フォーカスト・ブリーフ・セラピー(SFBT:解決志向短期療法)、精神力学的アプローチ、EMDRなど、様々な心理療法を用いています。
Barends Psychology Practiceのオンラインカウンセラーに加えて、米国の特定のクライエントに対して、対面式及びオンラインカウンセリングを行っています。
困難な経験から立ち直り、充実した人生を手に入れる対処スキルを身につけるために、人々は自分自身の力を使う能力があるとマリリースは強く信じています。

マリリースはフランス語でカウンセリングを行っています.

オンラインカウンセラー Roberta Fenili(ロベルタ・フェニーリ)

オンラインカウンセラー Roberta Fenili(ロベルタ・フェニーリ)

オンラインカウンセラー Roberta Fenili(ロベルタ・フェニーリ)

ロベルタはマドリードのOfficial Psychology Professional Association(M-22494)に登録されている心理カウンセラーです。また、スペインの医療レベルで活動する資格を持っています。さらに、心理学の優等学位(2003年、ブラジル)、サイコオンコロジー(精神腫瘍学)の修士課程(2007年、マドリード・コンプルテンセ大学)、及び統合的ヒューマニスティック心理療法の修士(2010年)を持っています。病院や非営利団体/慈善団体で、(病気のいくつかの段階にある)がん患者とその家族の両方に対して心理療法を行ってきた経験があり、対面式またはオンラインで個別の心理療法を行ってきました。統合的ヒューマニスティック心理療法に精通した心理カウンセラーとして、自尊心懸念、不安障害、うつ病、悲しみ、病状に関連する感情的な問題、身体的苦痛や自己認識過程の心理的ケアなどの幅広い問題を解決するために、各個人に適した様々な方法を用いています。
加えて、彼女自身がスペインで12年以上“外国人”として暮らしているため、様々な局面で起こりうる問題、そして自分自身が新しい文化に馴染むまでに必要な長い過程を知っています。
Barends Psychology Practiceのオンラインカウンセラーに加えて、スペインのAssociation for Against Cancerでボランティアコーディネーターとして働いています。また、スペインで定期的に特定の相談者に対面式及びオンラインでカウンセリングを行っています。

ロベルタはポルトガル語とスペイン語でカウンセリングを行っています.

オンラインカウンセラー Tijana Debelić(ティヤナ・デベリッチュ)

ティヤナはクロアチア人とイタリア人の両親を持ち、クロアチアのリエカで生まれ育った心理カウンセラーです。2004年、イタリアへ移住し、パドヴァ大学にて優等学位で心理学修士号(M.S.)を取得しました。2013年、クロアチアのリエカへ戻り、家族が経営するコンサルティング会社を手伝いながら、リエカ唯一のイタリア高校で学校の心理カウンセラーとして働いてきました。彼女は、CBTヨーロッパが認めるクロアチア協会の認知行動療法(CBT)で、認知行動療法の専門課程を修了しました。
彼女は自分自身のことを生まれながらの心理カウンセラーだと思っています。小さい頃から、人間の推論、感情や行動の背景にある理由を理解することに常に関心を持っており(例えば、なぜ人々は自分が傷つくと知っているものに依存してしまうのか、なぜある人々は低い自尊心を持っているのか、そしてそれが彼らの人生にどのような影響をもたらしているのかなど)、それは思春期になり自我の成長と共にさらに関心が強くなりました。10代の頃の好きな趣味の一つは、バス、バー、学校のホールなどで人々を観察し、何が彼らの行動をそうさせたのかを考えることでした。そしてそれは今もです。
さらに、彼女はイタリアに9年間住み仕事をしていたので、新しい文化や環境に適応するために必要なすべての段階と、その状況から生じる困難をよく知っています。これが、故郷から遠く離れて幸せを見つけることを決めた、すべてのクロアチア人やイタリア人のためにカウンセリングを行う理由です。
ティヤナは不安障害、うつ病、恐怖症、自尊心懸念、人間関係カウンセリングなどの(オンライン)カウンセリングを行っています。また、ソフトスキル(効果的なコミュニケーション、争いごとの解決、問題解決など)、人材マネジメント、キャリアパス変更などのビジネスコーチングとカウンセリングも行っています。

ティヤナはクロアチア語とイタリア語の両方でカウンセリングを行っています。.

心理療法の方法

マヤとニールスはオンラインカウンセラーとして、認知行動療法(CBT)及び、オンライン眼球運動による脱感作と再処理法(EMDR)を行っています。また、ニースルはスキーマ療法(ST)、EMDR療法、アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)も行っています。これらの心理療法はすべてエビデンスに基づいており、私たちがこれらの心理療法を用いる理由は以下の通りです。

  • (1)相談者の中には、他の心理療法よりも別の心理療法の方が向いている場合があるからです。ある相談者には解決志向のアプローチが有効的な場合もあれば、別の相談者にはそのアプローチが向かない場合もあります。例えば、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された人の中には、EMDRよりもACTの方がより効果的かもしれません。これは異なるアプローチ方法を用いたことによるものです。最終的には、相談者の満足度が最も重要です。
  • (2)ある心理療法は、ある障害の問題解決において、他の心理療法よりもより効果的だからです。例えば、パーソナリティ障害の場合、スキーマ療法は認知行動療法よりもより効果が得られます。